2020年の記事
白馬五竜&47の積雪量や混雑状況!2月初旬に4日間滞在した口コミ!

暖冬というわれる今年(2020年)のピークと言ってもいい2月初旬に大好きなスキー場である白馬五竜&47に3泊4日滞在してきました。ここのスキー場に惚れ込んだのは去年3月初旬に初めて訪れてからです。去年3月に訪れた時とかなり印象が異なったのでその点などを細かくレビューしていけたらと思います。

スポンサーリンク

白馬五竜&47の2月の積雪量

今回滞在したのは2020/2/8~11日です。毎日スノボしました。
2/8(土曜日)はホワイトアウトまではいきませんが常に雪が降っている状態
五竜は新雪のパウダーは残っていない状態でしたが、47のコースには比較的+5㎝程度の新雪が残っている状態だったのでパウダーを楽しむことが出来ました。
この日の積雪量は195㎝程度。アルプス平と47の積雪量は大体これくらいで、とおみゲレンデは90㎝程度だったと思います。
この日の47で撮影した動画はこちら☟新雪がどれだけあるかわかりやすいように撮影したつもりです。
47のルート1で撮影したものです。

この投稿をInstagramで見る

 

lostinsports(@lostinsportsnomore)がシェアした投稿 -

2/9(日曜日)は、前日の雪が積もり積雪量は+20~25㎝の約210㎝程度!この日は47よりも、五竜のアルプス平ゲレンデの方がパウダーを楽しめました。
47で撮影したものです。五竜は+20~25㎝あり、47も同じくらいの積雪でしたが圧雪されていたため、パウダーを楽しめたのはアルプス平の方です。

この投稿をInstagramで見る

 

lostinsports(@lostinsportsnomore)がシェアした投稿 -


2/10(月曜日)朝はピーカンの晴れ、11時頃からホワイトアウト。前が全く見えなくなるほどの降雪です。47㎝は圧雪されたコースが多くロングランも楽しめるので朝ピーカンのうちに楽しんで、昼頃からアルプス平ゲレンデに行って新雪が積もる中パウダーを楽しみました。この日の積雪量は前日と変わらず210㎝程度
下記動画は47でピーカンだった朝に撮影したものです。ピーカンの日は断然47です。景色が絶景であることと、圧雪されているので滑りやすくロングランが楽しむことができます。

この投稿をInstagramで見る

 

lostinsports(@lostinsportsnomore)がシェアした投稿 -


2/11(火曜日)前日の降雪のおかげてこの日の新雪は+20~30㎝!この4日間の滞在の中でも一番雪が積もりました!下記インスタ動画のようにツリーランが楽しめる程に(規定コース内で滑っています)!しかし上級者じゃない方はアルプス平にあるツリーランのエリアにいって途中で埋もれて止まってしまい歩いて戻ってくる人も。とても大変そうでした。2時間程度滞在したのですが途中で止まってしまった方は少なくとも10名はいましたね。笑

この投稿をInstagramで見る

 

lostinsports(@lostinsportsnomore)がシェアした投稿 -

雪質もパウダー状態でふかふかの雪だったのでTAMEDOGを練習することにしました。転んでも全く痛くありません!笑
こんな雪質で積雪量があるからこそ練習できるトリックですね!2つ目の動画でようやく「クララが立った~!」状態になりました!

この投稿をInstagramで見る

 

lostinsports(@lostinsportsnomore)がシェアした投稿 -

初級者コースの積雪量は?

いいもりゲレンデととおみゲレンデが比較的初心者でも滑りやすいコースになっています。いいもりゲレンデに関しては雪がはげている所が何カ所かあり、そしてアイスバーン。私たちが滑っても滑りにくいと感じる程。いいもり第6ペアリフト付近は滑りやすく湿り雪状態。とおみゲレンデに関しては雪質がよくここにも新雪が積もっていました。

スポンサーリンク

白馬五竜&47の混雑状況

今回滞在した日程が2月8~11日。11日は建国記念日で祝日だった為、混雑していました。それでも月曜日は祝日ではないので有休を使って私たちのように4日間休みを取る人は少ないかな~と浅はかな考えを持っていましたが、やはり混みました。
それでもここのスキー場に集中して混んでいるという印象ではなく、積雪量をチェックして「五竜に雪があるから行こう」と決断されてきている方が多いような印象を受けました。というのも、土日の8,9日は通常通り週末の混雑具合です。そして月曜日はホワイトアウト状態であるのと新雪はあまりない状態だったのでそこまで混んでいませんでした。そして新雪20~30㎝の火曜日(祝日)が大行列!!ゴンドラ待ちの列が土日を超えていました。土日は計20名程度の列だったのですが、火曜日はざっと40~50名程度はいたのではないでしょか。しかし、ゴンドラなので営業開始後はスムーズに進みます。待ち時間はたったの5分程度でした!営業前のゴンドラの列はこんな感じ☟

私の後ろに並ばれていた方が常連さんで、「こんな混雑しているのはあまり見たことがない!初めのファーストトラックに集中して後はゆっくり過ごそう」と話されていました。こんだけ並ぶのは珍しいようです。

五竜が一番混雑している場所はとおみゲレンデです。五竜のみで滑りたいと思った時にゴンドラに乗ってしまうと、アルプス平ゲレンデの中級者コースを滑って下山しなければいけないため、それを恐れる初心者の方がとおみゲレンデに集まります。いいもりゲレンデの雪質が良ければいいもりの方にも人が散らばるのですが、今回滞在中は雪不足でアイスバーン状態。その為か、とおみゲレンデは特に混んでいました。

47側で一番混んでいたリフトはスノーパークがある、ペアリフトLineA・B、そしてクワッドリフトLINECです。ここは混雑して20~30名程度。待ち時間は5分。
五竜&47のいいところは混雑していても山が広いので一カ所に固まることがなく、みんなそれぞれ好きなコースに散らばることです。その為、同じ場所が集中的に混雑していることはあまりありません。スノーパークでイベントが開催されている時は別ですが、土日の混雑レベルであれば人とぶつかる心配があるのはとおみゲレンデ程度です。初心者の方はいいもりゲレンデで上級者を気にすることなく滑ることが出来ますが、逆に上級者はアルプス平ゲレンデでパウダーや急斜面を楽しんだり、47側のパークを楽しんだりしています。その為、とても混雑しているように見えますが、混雑による苛立ち等は一切感じられません。そこがこのスキー場の好きな理由ですね。

2月と3月の違いは?

去年3月に滞在した時のレビューは下記記事で紹介しています。

主な違いは「雪質」です。そしてもう1つ言えるのが「混雑状況」です。

積雪量と雪質

前回3月に滞在した時の積雪量はなんと、250㎝!!笑 今年の2月に滞在して210㎝程度だったことを考えると今年がどれだけ暖冬であったか思い知らされます。今年の体験は2月の指標として換算しない方がいいのかもしれませんね。しかし、前回滞在した時は雨が降るほどの気温だったんですよね。今年はちゃんと雪が降りました。暖冬の中でもラッキーなタイミングに滞在したのでしょう。
その為、去年の3月には味わえなかったパウダースノーを今年は五竜で楽しむことが出来ました。以前は47の方が断然好みだったのですが、初めて五竜のパウダー(非圧雪コース)を体験して、五竜も好きになりました。

五竜でファーストトラックを楽しんで、ボコボコの状態になったら47で圧雪コースのロングランを楽しむというのが私たちの楽しみ方になりました。

パウダーを楽しみたい人、急傾斜を楽しみたい人、初心者は五竜がおすすめです。
反対に47はパークを楽しみたい人、景色を楽しみたい人、ロングランを楽しみたい人におすすめであることがわかりました。

3月の雪はパウダーを味わえませんでした。3月は湿り雪でシャバ雪になります。その為初心者には練習にもってこいの雪質です。私はパウダーよりもシャバ雪の方が好きなので3月のスノボの方が好きですね。

混雑状況

2月よりも3月の方が空いています。3月に滞在した際にちょうど、スノーフェスティバルの日にあたったのですがそれでも2月の方が混雑していました。3月に滞在した時はゴンドラの列もそこまででしたし、パークのリフトも10~20名程度で2月よりは空いています。

混雑を避けたい場合は3月が断然お勧めです。しかし、それでも人気のあるスキー場なので週末はそれなりに混雑するのは覚悟必須ですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事