2020年の記事
ホテルからまつ荘の口コミ(ブログ)!大町温泉郷宿の部屋やアメニティーは?

2020/2/15〜2/16の1泊と2020/2/22〜23の1泊に長野県大町温泉郷にあるホテルからまつ荘さんに滞在していきました!大町温泉郷での宿泊は初めてです。ホテルからまつ荘さんのご厚意で2回目の利用時にお部屋をアップグレードしてくれました。そのため、部屋のタイプ2つを体験できたので両方ともレビューしていけたらと思います。

スポンサーリンク

ホテルからまつ荘の基本情報


ホテルからまつ荘さんは長野県大町温泉郷に位置するホテルで、温泉はもちろんのこと、白馬VALLEYエリアにスキー・スノボをしにきたお客さんも多数利用しています。
今回私達は格安バスツアーで「BLUE RESORT白馬さのさかスキー場」と「HAKUBAVALLEY鹿島槍スキー場」を訪れた際にこちらのホテルを利用させていただきました。それ意外にも白馬五竜・47スキー場利用のお客さんも泊まれる宿です(バスツアーのオプションから選べます)。

ホテルからまつ荘の住所:〒398-0001 長野県大町市平大町温泉郷2884−109

温泉は、岩づくりの庭園風呂と、庭園を眺めながら入る大浴場の2種のお風呂が楽しめます。特に女性用の浴場にはたくさんのアメニティーが置いてありますのでお肌の手入れもできちゃいますよ。また、雪が降る中の露天風呂は最高です。

周辺情報

温泉郷ということもあり、周辺にはたくさんの温泉旅館が立ち並びます。徒歩5分程度のところには川もあり、山とのコラボレーションが絶景です。残念ながら近場に(徒歩圏内)コンビニはありません。ホテル内に売店があるのと、ドライブインくろべ路に小さい売店が有りますのでそちらでアルコール、スナック菓子、飲料、(軽食程度の食料)を購入することができます。また、こちらには蕎麦屋などの飲食店もあります。
【スキー場】
鹿島槍スキー場までは無料シャトルバスが出ています。(バス停まで徒歩3分程度)シャトルバスを利用して約20分。
さのさかスキー場までは無料シャトルバスが出ています。(鹿島槍行きと同じバス停)シャトルバスを利用して約30分程度。

 さのさかスキー場往復のシャトルバスは本数が限られていますので乗り遅れのないように注意しましょう。朝のホテルからスキー場行きは3本、夕方のスキー場からホテル行は2本しかありません。
【温泉】
からまつ荘さんの温泉が素敵だったので立ち寄りませんでしたが、公共の温泉施設も徒歩8分程度の位置にあります。名前は「湯けむり薬師の湯」です。オリオンツアーでは割引クーポンが配布されましたが、ドライブインくろべ路内にもクーポンは置いてあります。

スキーツアーの方向け情報

バスツアー(オリオンツアー)を利用してこちらの宿を予約した場合、スキー場によって到着場所が異なります。さのさかスキー場の場合はスキー場に降ろされますが、鹿島槍スキー場の場合はドライブインくろべ路に降ろされます。このドライブインくろべ路というのが、「大町温泉郷」エリアのバス停になっています。バス停に着いたら待機場所がホテルになっていますので、からまつ荘さんへ直行!ボード置き場、更衣室、待合室、ロッカーが用意さています。

ボード置き場。乾燥室ではありませんがロビー横に位置し、暖房が常にきいている状態なのでボードなどは乾きます。

ロッカーはたくさんあります。

更衣室

下記は絵画を鑑賞できるお部屋となっていますが、更衣室・ロッカーの真横にあるお部屋で待合室としても使用できます。スキー場へのバスが来るまでこちらで休ませていただきました。早朝の騒々しさがなくとてもリラックスしたスキー旅行になりました。

スポンサーリンク

部屋はどんな感じ?

【1:格安バスツアーで申し込んだ部屋】

玄関を開けて見える景色。写真からはきれてしまっていますが、ミニ冷蔵庫が玄関にあります。

10畳程度の和室

室内から玄関側を覗いた景色

洗面台。ドライヤーと洗顔兼手洗い用のポンプ式石鹸が置いてあります。

部屋に付いている浴室。水圧は良好。

清潔な洋式トイレ

【2:アップグレードしてくれた部屋】

玄関を開けたら見える景色

一番最初に見えるお部屋。4畳の和室。こちらに暖房器具とアメニティ、布団などが用意されています。

2番目にみえる8畳の和室

広緑。ふかふかのソファーに昭和を感じさせる赤い絨毯。ミニ冷蔵庫もあります。

和を存分に感じられる応接間。木造の天井、ふすまのデザイン、温かい照明が癒やしの空間を与えます。

広縁も眺める角度によって深みがかわり風情を感じられます。

洋式のトイレです。

洗面台。ドライヤーと洗顔兼手洗い用の石鹸が置いてあります。

部屋に付いているお風呂。水圧は良好。

アメニティー

部屋に付いてくるアメニティーは一緒でした。予約内容に付いてくるアメニティーは異なります。私達は下記が含まれていました。

  • ゆかた
  • ゆかた 丹膳セット
  • フェイスタオル
  • 歯ブラシ
  • バスタオル
  • ボディソープ、シャンプー
  • カミソリ


お布団はこんな感じ↓

部屋には湯沸かし器、お茶セットが用意されています。

また、ハンガーも複数用意されていますので、ウェアをかけておくことができます。

施設内にあるもの

受付カウンター

ロビー・待合室

売店

大浴場


入浴時間:AM5:00~9:00、15:00~24:00
お部屋にお風呂もついていたのですが、こちらの大浴場の温泉が気持ちよすぎてお部屋のは一切使いませんでした。
大浴場には試して使える化粧品やパックなどがあり、1日2回は入浴してパックをしてきました!おかげさまでお肌の調子がとても良い!毎週末通いたいと思うほどでした。
脱衣所に置いてあるアメニティはこちら↓↓

(浴場内は撮影していませんが角質を取るピーリングが何種類か、酒粕を使った洗顔料、馬油を使ったシャンプー、リンス、ボディーソープが置いてあります。)

朝食・夕食は?

ビュッフェメインエリア。夜には揚げたての天ぷらなどをシェフの方が持ってきてくれます。

サイドエリアにはご飯、お味噌汁、おかゆ、デザートがあります。

朝食

朝食:7時から8時
ビュッフェスタイルで和洋中から選べます。朝からカレーも食べられますよ。
【一回目:ビュッフェからとってきた食べ物の写真】

夕食

夕食:チェックイン時に18時から19時の間で予約をいれる

きのこ鍋を初めてしてどのお料理にもきのこをふんだんに使われていてきのこの出汁がきいていたので「長野県 きのこ」で検索してみたところ、長野県はきのこの生産量が日本一なんですね!また、全国で初めて人工栽培に成功したぶなしめじをはじめ、エノキタケ、ナメコは、全国でトップクラスの生産量を誇るのが長野県とのこと。どおりできのこを駆使されているわけだ。納得です。

印象的だったこと

他サイトでもこちらのホテルはレビューが高評価なのですが、実際に泊まってみて納得です。このホテルが高評価の理由は言うまでもなく働いている全スタッフが作り上げている温かい雰囲気でしょう。お客様のお出迎え、お客様の顔を把握している、お客様が何が必要か、私達が申し出る前に行動してくれる、そしてプラスアルファの心遣い。どのスタッフも完璧な接客です。日本の昔ながらの「おもてなし」を感じられるのがこのホテルです。

暖冬+コロナの影響で空室があったのかお部屋をアップグレードしてくれたのも嬉しかったですし、午前中にスキー場のナイターの話をフロントのスタッフとしていて、その話を覚えていたのか夕食のときに「今日は雨でしたね。ナイターは残念でしたね。宿でゆっくり休んでいってください。」と温かい言葉をいただきました。
また、私情により夕食の時間に大幅に遅れてしまい、キャンセルして大丈夫という旨を伝えたのですが、食堂が閉まる30分前に再度電話をくれて、「席も空いていて料理も準備ができています。よろしければ召し上がられませんか?」と再度夕食を食べる選択肢を与えてくれました。
私達の行動を常に把握し、ニーズに答えてくれる。そしてプラスαのおもてなしをしてくれるこの宿は「絶対にまた戻ってきたい」と思うホテルでした。
スタッフの対応もそうですが、温泉も最高ですし、個人的にはお部屋の昭和を感じられるインテリアも好みです。とても心温まる宿なので大町温泉郷や白馬エリアのスキー・スノボを利用される方は訪れてみてはいかがでしょう。私達は白馬が好きなのでまたこちらのホテルを利用させていただくと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事