2020年の記事
石垣空港からanaインターコンチネンタルまでのバスの料金や時間は?

2020/09/26から4泊5日でANAインターコンチネンタル石垣リゾートに宿泊してきました。空港からのアクセスを自分でもちゃんと調べて利用したはずなのに現地に行ってから「あれ?」こっちの方がいいじゃん!と思ったことがあったのでこの記事では石垣空港からホテルまでのアクセスに関して紹介していきたいと思います。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの空港からのアクセスは?


石垣空港からANAインターコンチネンタル石垣リゾートまでのアクセス方法は主に3つあります。
1.レンタカー、2.シャトルタクシー、3.バスの利用です。
ホテルの公式ホームページでもこのように案内されています。↓↓

当ホテルは石垣空港から車で20分程の距離に位置しています。石垣空港からは車や路線バスをご利用ください。また、石垣島のでの交通手段はバス・タクシーが便利です。

私たちは毎日のようにアクティビティを入れていたのでレンタカーは借りませんでした。

そのため、空港からホテルまでのアクセスは2または3の選択肢になります。

私たちはなぜか宿泊前に空港からのアクセスはシャトルタクシーしかないと思っていたんですよね。ホームページのリニューアルも新館のサービスが加わったことに伴い行われていたのでしょうか。笑
私が宿泊前に確認した時はバスの情報がなかったような気がしたんですよね。

きっと私が見落としていたのでしょう。
現在ホテルのホームページを確認するときちんと、路線バスの情報も記載されています。

ということで空港からホテルまではシャトルタクシーを手配してしまいました。帰りは路線バスがあることを知れたのでバスを利用しています。

スポンサーリンク

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスの料金とスケジュール

ホテルまで行けるバスは東運輸株式会社のバスで、営業時間8:00~17:00(年中無休)となっています。

料金は、大人が450円、子供が230円になっています。

ホテルから空港までのスケジュールはホテルの掲示板に記載されていました。

空港からのバスの出発時刻表はこちらで確認できます。系統10空港線のバスを利用します。
運行は大体30分~1時間に1本程度なのですが、運行状況が変更されている可能性もありますので公式ホームページから随時確認するようにしてください。

バスはこんな感じのバスです↓↓

このバスを利用して繁華街エリアと船着き場周辺に位置するメインのバスターミナルも行くことができます。

竹富島などの他八重山諸島へのフェリーもここから出ていますので宿泊時には利用したい交通機関です。

シャトルタクシーの料金は?

こちらのホテルでの宿泊を決めた際に空港からのアクセスはシャトルタクシーしかないと思っていたので、さっそくフロントデスクにいくらかかるのか聞いてみました。

ご送迎はございませんが、提携しているタクシー会社様のシャトルタクシーのお手配を承っております。
メーターで2,500円前後、一律料金で小型:2,300円、大型:4,000となっております。
-ホテルとのメールでのやり取りより

と回答を頂きました。

ということで一律料金のものを早速予約をしましたね。

お出迎えは空港の到着ロビーで私の名前の紙を持った運転手の方が待っています。

タクシーは空港出口のすぐ近くに停めていたのでさほど待つことなくスムーズにホテルまで到着できました。
また、お支払いに関してはお部屋付けにしてくれるのでタクシードライバーに支払う必要がありません。チェックアウト時に支払いになります。

空港からの移動時は荷物もありお支払いは手間に入ります。そういった手間がかからないのはありがたいです。

ホテルの新館と旧館では入り口が異なるので自分の予約がどちらなのか把握しておくと良いでしょう。

ドライバーの方はとても気さくで面白い方でした。

石垣島関連記事

まとめ&感想

いかがでしたか。お値段に関しては路線バスの方が断然安いので時間が合えばバスを利用したいですね。しかし、飛行機の到着時刻にもよりますが路線バスを利用するプランで考えていても1本逃してしまうと30~1時間次のバスまで待たなくてはなりません。

時間を有効活用したいのであればやはりタクシーを利用した方が良いでしょう。TIME IS MONEYです。せっかくの石垣旅行を空港で1時間ロスするのは勿体ないですからね。

石垣島はバスも多数路線展開されていますが、タクシーが比較的に安く利用できるのも魅力です。

石垣島の天候は常にコロコロ変わるのでは私たちはコンビニ行った時などにも雨に打たれて何度もタクシーにお世話になりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事