不動堂海岸の駐車場情報!サーフィンしてきた!料金やシャワーの有無!

普段は千葉県九十九里の片貝エリアでサーフィンすることが多いのですが、今回は『サンライズ九十九里』に宿泊することもあり少し南下してみることにしました。

今まではいつも同じ場所でサーフィンするスタイルだったのですが、新型コロナウイルスの影響により旅行も自粛が続く中、千葉県内で旅行気分を味わえないかと考えていたところ、

サーフィンするときに毎回駐車場を変えてみようという考えに至りました。笑 これぞ今流行りのマイクロツーリズム。

このブログでは不動堂海岸の駐車場を紹介していきたいと思います。サーファーが気になるシャワーの有無や料金等を紹介していきますね。

目次

スポンサーリンク

不動堂海岸の駐車場情報

不動堂海岸町営駐車場はこんな感じ。トンネルをくぐると左手と右手に駐車場があり、この写真は左手にある駐車場。

こちらが右手にある駐車場。

九十九里ビーチタワーが目の前にあります。

料金

使用料
大型自動車 1,000円
中型自動車 700円
普通車・小型自動車
軽自動車
500円
二輪車 100円

 

有料期間が決まっています。土・日・祝日および海水浴場開設期間(7月・8月)※令和3年度は海水浴場不開設のため、7月・8月も土・日・祝日のみ有料となります。

当日に限り再入場のご利用ができます

九十九里町では、不動堂海岸、片貝海岸、作田海岸に町営駐車場を設置され、1つの駐車場で指定の料金を払えば当日に限り再入場可能です。

海水浴場は不開設になることがありますが、駐車場自体は通年開設されていますので、駐車場自体は常に利用可能です。

シャワーの有無

駐車場左右各々にトイレとシャワーがあります。シャワーはこんな感じです。駐車場使用料を支払っていればこちらのシャワーは無料で使えます。

シャワーヘッドはついていない一点に打たれるタイプのシャワーで冷水です。

温水シャワーは近くのお店が貸し出ししている他、徒歩圏内のファミリーマートでも有料ではありますが個室のシャワーがあります。

ファミリーマートに設置されているシャワー施設。3分200円。普段はカギがかかっているので使用する際はコンビニでお支払いを済ませるとカギを開けてくれるスタイル。

ファミマの駐車場は結構広々としています。シャワーは見切れていますが写真の右の奥にあります(ファミマの裏)。

海水浴場から一番近いレストラン『浜茶屋 向島』で温水シャワーの看板が出ていました。恐らく有料です。

関連記事

駐車場の混雑具合

混雑具合

駐車場自体は2割埋まる程度で全く混雑していませんでした。ちなみに私が訪れたのは2021/5/29、30(土日)の週末で曇り時々晴れの日です。

未だ新型コロナウイルスの影響により東京は緊急事態宣言が発令されていた期間ということも影響しているのかもしれません。

また、コロナにより海水浴場が『不開設』と聞いて海へ足が遠のいていることもあるかと思います。

 

駐車場は混んでいませんでしたが、不動堂海水浴場前にあるレストラン2つ『浜茶屋 向島』と『漁師料理の店ばんや』は外に列ができるほどほぼ毎週末混雑(夏が近づくにつれて)しています。
九十九里浜には魚介を楽しめるレストランが多数点在していますが、人気のあるお店とそうでないお店はあからさま(駐車場の混み具合や出入り口に立っている人の数で一目瞭然)なのですが、
この2つのレストランは常に人で賑わっている印象があります。

その為、不動堂海水浴場までの車道も特に昼時にお祭りでもあるのかな?と思うような人通りになる時があります。

この日は、ここのレストランを利用した人が海水浴場に遊びに来ている感じでしたた。その場合は駐車場はレストランの方に駐車しているので、町営の駐車場は混みあいません。

しかし、夏の海水浴場が開設される時期には町営の駐車場が混みあう光景が容易に想像できました。

九十九里浜はレストランが近いビーチが少ないので不動堂海水浴場は飲食店やコンビニが近場にあることから海水浴場としては人気のスポットになってくるかと思います。

 

ちなみに、海の混み具合は全く混んでいませんでした。土曜日は波が小さく強風だったこともありサーファーはほとんどいませんでした。日曜日に関しては早朝からサーファーで集まっていました。しかし、混雑するというほどではありません。~15名程度だったかと思います。九十九里は早朝から10時頃までが特に混みやすい印象があります。つまり、波も朝の方がいいということでしょう。

開けたビーチなので初心者の方でも誰もいないスポットを簡単に見つけることが出きます。

また、作田、片貝、不動堂海水浴場の駐車場間を500円の使用料を支払えば行き来できるので、波がいいスポットに移動することもできます(当日まで)。

作田に比べると広く、片貝と比べると同じくらいの広さのビーチかと思います。体力がある人は不動堂海水浴場から片貝海水浴場まで徒歩で歩いていくことも可能なので波を確認しながら場所移動しても良いでしょう。

 

いかがでしたか。皆さんの参考になっていたら嬉しいです♡

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事