大町温泉郷叶家の温泉はどんな感じ?和風の内装が趣のある旅館!

2021/12/18-19の1泊2日で長野県大町温泉郷にある旅館『叶家』に宿泊しました。

 

エイブル白馬五竜スキー場でスノボがてら温泉を楽しもうとこちらの宿を選択。シーズン中に白馬エリアは何度も訪れるので大町温泉郷は何度も利用しています。

 

旅館『叶家』での宿泊は今回が初めてでしたが、とても素敵な宿だったので温泉がどんな感じだったのか、アメニティーは何が置いてあるのか、

 

そしてとても美しかった内装をこのブログでは紹介していけたらと思います。

目次

スポンサーリンク

大町温泉郷『叶家』の温泉はどんな感じ?

大浴場へ行くまでの通路。お庭の雪景色が美しい。ここを歩いているだけで騒々しい日常から解放されて心が晴れやかになります。

大浴場前の休憩処。畳の真ん中には囲炉裏みたいなものがあり、そこでお香が炊かれていました。赤い傘が日本らしさをより際立てています。日よけや魔除目的そして権力の象徴とも言われた和傘。あるとないとでは雰囲気が大違いです。

婦人、殿方の大浴場入り口の真ん中に屏風がたっています。アメリカ出身の旦那はこの和風な内装に大喜び。照明も落ち着いた色で心地よいです。

広々とした脱衣所です。

3台の洗面台がありますが、ヘアドライヤーは1台。お部屋にもドライヤーはありますので、お部屋で乾かした方が楽かも。

ガラス張りの内湯。外の照明と雪景色が相まって寒いはずなのに心が温まる景色。お風呂はとてもあつあつで気持ち良い温度でした。

婦人用の露天風呂です。露天風呂には【蓬莱石】 という遠赤外線を放出する石を使っています。美容健康に効果あり「美人の湯」とも言われているようです。私が入った時は露天は営業していませんでした。

アメニティーは?

脱衣所の洗面エリアにはハンドソープがあります。

清潔感のあるシャワー台エリア。

シャンプー、コンディショナーはどこのものがわかりませんでした。無添加のコンディショナーはpharmaactというもの。私は肌が弱いので無添加のものが置いてあるのは嬉しい。

アロエエキス配合のボディーソープ。

関連記事

叶家

大町温泉郷の宿

白馬エリアのスキー場

内装が素敵

冬の夜の外観が最高に綺麗です。館内に入る前からテンションあがります。

玄関に入ると見える景色。

ロビーの待合エリアです。雪景色を眺めながら待つひと時も悪くないですね。

ロビー待合室。あるので立って待つといったことがなさそうなくらい椅子がたくさん置いてあります。

通路の小窓からお庭の雪景色を望めるようになっていて開放感があります。

ロビーの待合エリアの延長線上にありました。政財界の会合でも行われそうな雰囲気のある家具たち。

 

皆さんの参考になっていたら嬉しいです♡

 

インスタグラムではスキー場TOPTOBOTTOMの動画やスキー場周辺宿の情報を配信していますので、

 

プロフィール欄のインスタマークをクリック!フォローしてくれたら嬉しいです♡

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事