ささ游の口コミ(ブログ)!お部屋やアメニティーはどんな感じ?

2021/6/26-27の1泊2日で千葉県長生郡白子町にある白子温泉が味わえる宿『和海の宿 ささ游』に滞在してきました。もともと目を付けていた宿ではあったのですが全12室でなかなか予約が取れなかったんです。

しかし、ラッキーなことに予約が取れたのでサーフィンをしてから宿に泊まるというちょっとしたプチ旅行気分を味わってきました。

私たちが今回滞在したお部屋は2名1室の和室【福】でした。どんなお部屋であったか、アメニティーはどのようなものが置いてあったかなどこのブログではレビューしていきたいと思います。

目次

スポンサーリンク

ささ游のお部屋はどんな感じ?

3階の客室でした。お部屋までの廊下はこんな感じ。この階は全室7室。他のお客さんとすれ違うことはありませんでした。

和室【耀・福・穣・瑶・樹・睦・和】を予約して『福』のお部屋でした。幸運が舞い込んできそうでいい名前。

玄関ドアを開けると見える景色。靴を脱ぐスペースがありその目の前が靴箱になっています。左手に洗面台その奥のドアがトイレになっています。玄関すぐ横に洗面台(ドアなし)がある珍しい間取り図。

靴箱の上に飾られていたもの。落雁のような置物です。こうゆう装飾があるだけで印象が一気に変わります。落ち着いた気持ちにさせてくれます。

お部屋のカギは昔ながらの鍵タイプ。面白いと思ったのは2つの鍵に取り付けられた木製のネームタグに磁石がついていてくっつくようになっています。1つずつ使いたい時はこれをパカっとあけて使用することができます。2つくっつけておけば鍵の紛失を防げます。

洗面台です。広々とした台なので小物を横に置きながら洗面台を使用することができます。※詳しい付属品はアメニティーの欄で紹介します。

jo

トイレは私が家でも使っているTOTOのトイレ。自動で蓋が開くタイプ。トイレは広々とした個室。トイレットペーパーが和柄の巾着に入っているのも粋です。

客室です。お温かい照明を使っていて和モダンな空間になっています。私たちは食事をつけない素泊まりプランだったので既にお布団が敷いてありました。マットは柔らかく寝心地は抜群でした。気持ちよくて12時間寝てしまいました。w

反対側から見るとこんな感じ。テレビの左手にミニバーがあります。

ミニバーはこんな感じでした。※詳しい付属品はアメニティーの欄で紹介します。

和を感じられるデザインのテーブルとイス。テーブルクロスがプラスの装飾品。シックなデザインです。

左はドリンクメニュー、真ん中が施設案内、右がお菓子です。お菓子は千葉県名産のピーナッツを使った和菓子と甘く味付けされた乾燥小魚でした。千葉らしいセレクションですね。

襖を開けて見える景色はテニスコート。目の前がテニスコートというのもテニスの町である白子温泉ならではですね。

空気清浄機と送風機。送風機に関してはお部屋の両角に2台置いてあります。コロナ対策として設置されているのでしょう。

ミニバー横の引き出しには服をかけられるハンガー、そして浴衣&タオル類が置いてあります。

ささ游のアメニティーは?

洗面台横に設置されているアメニティー。歯ブラシセット、ヘアブラシ、ヘアバンド、シャワーキャップ、綿棒と肌拭き取りシート、かみそりが2名分置いてあります。

お部屋にある化粧品類のアメニティーは、雪肌精の化粧水、乳液、クレンジング、POLAのヘアトニックとヘアリキッドです。使い切りの梱包タイプではないのでたっぷり使えるのが嬉しいですね。

鏡とアクセサリー類を入れて置ける小皿があります。これで指輪もなくすことなく洗顔できます。

泡タイプのハンドソープと、泡タイプのPOLAのクレンジング兼洗顔料。

ミニバーのアメニティーは、お洒落な湯沸しポット、リプトンの紅茶、UCCのコーヒー、砂糖とミルク。

高級粉末ほうじ茶4本、高級粉末緑茶4本、おしぼりも置いてあります。宿泊者の健康のことを考えてお茶から得られる栄養を存分に楽しめるようあえて粉末を選んでいるこだわりを感じられます。

コーヒーカップ2つ、グラス、缶抜き、紙コップ、房州のうちわ。こちらのうちわはお土産コーナーでも販売されていました。紙コップを置いてくれているのはこのご時世嬉しいですね。

冷蔵庫の中にはミネラルウォーターが2つ入っています。後は空なので自分の用に使用可能です。

滑り止め付き靴下、浴衣の帯、羽織、バスタオル、お風呂セットが入っています。

お風呂セットの中にはフェイスタオル、綿100%のボディータオルが入っていました。これを使うと石鹸の泡立ちがきめ細かく滑らかでなかなか良かったです。

洗面台下には、ヘアドライヤー、ティッシュ、ゴミ箱、タオル掛け、ラウンドリーバッグが置いてあります。全て黒に統一されているのでむき出しに置いてあっても洗練されたデザインになっています。

浴衣はロビーで選べるようになっており、選んだらスタッフの方がバックを渡してくれます。貸切露天や大浴場までの移動もこのバックで楽々です。

この中から浴衣が選べます。

テレビ下には金庫とティッシュ、虫よけ(電気式)が置いてありました。

駐車場にはシャワーが設置されています。海まで徒歩5分の距離なので海帰りに水で砂を綺麗に流すことができます。私たちはサーフィンをするのでこれは嬉しいサービスでした。

貸切露天風呂と大浴場に置いてあるアメニティーは関連記事欄にある『ささ游の貸切露天風呂が最高だった!日帰り温泉は可能?大浴場は?』という記事で別途紹介しています。

周辺には何があるの?

  • 徒歩5分圏内にビーチ(中里海水浴場)
  • テニスコート多数
  • 徒歩5~10分圏内にセブンイレブン
  • 飲食店は少ないです。居酒屋かんなべやは利用したことがありますが海鮮が美味しい居酒屋です。
  • 温泉宿が点在しています。

薬局やスーパーなどは徒歩圏内にはないので車移動が必要になります。

周辺ビーチ情報↓↓

宿を出ると国道の飯岡一宮線を跨いですぐに海へと続く小道があります。

木々溢れる田舎道を進んでいきます。この時点でもうテンション上がる。

まっすぐ進みます。

中里海水浴場駐車場に直結しています。車でも来れますが、トンネルが低いので車で行くのであれば中里海岸入り口交差点から行くことをお勧めします。

広い駐車場です。私たちも良く使いますが、朝はサーファーが多く7~8割が埋まる印象です。夕方は写真のように空いています。駐車場の詳しい情報は関連記事欄にある『中里海水浴場(海岸)の駐車場情報!トイレやシャワーはある?混雑?』で別途紹介しています。

こんなビーチで、初心者~上級者のサーフィンが楽しめます。一宮エリアに比べると混雑しずらいので初心者にとっては衝突しずらく練習しやすいと思います。釣りをしている人もいるので何か釣れるのでしょう。

関連記事

このお宿のお気に入りは貸切露天風呂です。貸切露天風呂に関しては下記記事で別途レビューしています。↓↓ このホテルのメインとなる特徴だと思うので是非こちらも併せてご覧いただけたら嬉しいです。

駐車場情報や施設内の施設は下記記事で紹介しています。↓

口コミ

サービス・スタッフの対応

日本の基本的なおもてなしを受けられる宿です。
まず車を駐車すると館内からスタッフが車まで出迎えてくれ、荷物を館内に運んでくれます

チェックイン前に待合室でお茶とおしぼりを出してくれるので長時間の移動後に一息つくことができます

ちなみに別日に宿泊予約をしていない状態で質問があってこちらの宿に立ち寄った際も同じ対応をしてくれました。宿泊者ではないお客さんも見込み客として手を抜かずにきちんと対応してくれる点でホスピタリティを感じることができました。その為、ここに泊まりたいという気持ちが高まり予約しました。笑

チェックインの際に館内説明等を細かく丁寧に教えてくれます。

チェックイン後は浴衣選びです。浴衣を選び終えたらエレベーター前にスタッフが立っており、浴衣を入れるバックを渡してくれ「荷物をお部屋までお運びいたしましょうか」と聞いてくれます。宿泊者の手を煩わせないよう徹底されています。お部屋までの案内は完璧でした。

宿のサービスでホテル名をハッシュタグに付けてインスタグラムに写真を投稿すると無料でビール、日本酒、ソフトドリンクのいずれか1つをもらえるというキャンペーンが行われていました。その為、私たちも投稿しスタッフに投稿した旨を出かける時に伝えると、「ホテルに戻ってきたら内線でスタッフを呼んでください。ビールをお渡しします」と言われました。

ホテルに戻り内線で電話をすると、先ほどとは別のスタッフが出てきて情報共有されていなかったのか再度インスタの投稿を見せる必要がありました。ちょっと残念でしたね。私たちが戻ってくるのがわかっていたわけなので情報は共有していてほしかったです。

 

若いスタッフが多いので老舗の旅館にいる熟練の女将さんの対応まではいきませんが、基本的にどのスタッフさんも「お客様に休んでもらおう、何かをしたい」という姿勢がとても伝わる接客をしてくれました。

 

細かいことを気にしなければ基本的なおもてなし+のことをしてくれる宿なので心地よい接客が受けられると思いました。私も旦那もビール以外の接客に大満足していますし、入り口から出口までしっかり出迎えお見送りをしてくれました。

 

客室がもともと少ないので待ち時間もほとんどありませんし、ゆっくりとしたひと時を過ごしたい方には最適の宿です。

こんな人におすすめ

  • カップルや夫婦の方の休日に
  • 記念日に
  • 海が一望できる露天風呂のある宿を探している方
  • テニスやサーフィンが趣味の方
  • 静かで穏やかなひと時を過ごしたい方
  • ブティックホテルのような宿を探している方
  • プライバシーを守りながら宿泊したい方

私たちが宿泊した日は25~35歳程度のカップル?夫婦と50~60代くらいの夫婦が泊まりに来ていました。そもそも他のお客さんと顔を合わせることがほとんどなかったので正確には把握していませんが、小さいお子さんは見かけませんでした。
しかし、大浴場にはお子さん用のお風呂グッズが置いてあったので子連れ家族の方も宿泊しやすい工夫をされている宿になっていると思います。

貸切風呂に関しても3つのお風呂が隣り合わせになっていますが、皆さん静かに利用されていました。
若い子たちがきゃぴきゃぴしている音は一切聞こえませんでしたね。

大人の休日を大満喫出来て幸せでした。普段子連れの家族を主にターゲットにしている宿はなるべく避けて使うタイプなので静かであることに越したことはありません。最高の空間でした。

皆さんの参考になっていたら嬉しいです♡

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事