大町温泉旅館叶家の口コミ(ブログ)!お部屋やアメニティーは?

2021/12/18-19の1泊2日で長野県大町温泉郷にある旅館『叶家』に宿泊してきました。

白馬エリアでスノボをすることが多い私たちは大町温泉郷の宿を利用する機会が多いのですが、こちらの旅館は今回が初めてです。

オリオンツアーの首都圏夜発のスノボツアーで、リフト&宿泊が含まれる格安プランで宿泊しています。

2名1室での予約です。

このブログでは私の宿泊体験を基にお部屋やアメニティーそして、周辺情報をお届けしていきます。

目次

スポンサーリンク

部屋はどんな感じ?

お部屋までの通路は純和風。以前高級料亭だったこともあり、畳と木造の引き戸が印象的です。こちらで靴を脱いでお部屋まで行きます。

玄関が2重になっていて重厚感があります。高級料亭の個室の名残の構造なのでしょうか。趣があって好きです。この時点で既にテンションが上がります。

木造の引き戸を開けると、鉄のドアがあるのでそちらをあけます。するここんなにも広い玄関が。人数が多くても荷物が多くてもこれなら困りません。

部屋側から撮った写真です。玄関のところにミニバーエリアがあります。お湯の入った給湯器、急須セット、その下に空の冷蔵庫があります。

冷蔵庫の位置から撮った写真です。メインルームまでの通路があります。左手がお手洗い、右手にお風呂があり、正面が寝室になっています。

昭和レトロを感じられる洋式のトイレです。

脱衣室。洗面台が広いのでアメリカ人の旦那と2人で並んでも狭く感じられません。また、ヒーターが付いています。

一般的な浴室です。私はこの日女の子の日になっていたのでお部屋にお風呂があって助かりました。水圧はとても弱かったのが残念でした。※大浴場のシャワーは水圧問題なかったようです。

木の桶と椅子が置いてあるのが旅館らしくてプラスポイントです。新品のものなのかとても綺麗で清潔感も感じられました。

メインのお部屋です。10畳の和室+4畳程度の広縁が付いています。写真で見るよりも広く感じられるお部屋でした。大人4人で泊まっても問題なさそうな広さです。

昭和レトロ感あふれる広縁。白い陶器でできた吊り下がりの照明からも重厚感を感じられます。

おばあちゃん家に置いてありそうな木造の素敵な鏡台が置いてあります。古き良き家具。昔のものってなんでこんなにも優れたものが多いのだろう。

広縁側からお部屋を撮影した写真です。広縁には大き目のヒーターが別途ついており、メインの和室にはエアコンが付いているのでお部屋はとても暖かかったです。トイレとお風呂の通路が少し寒いと感じられるかもしれません。

お部屋からの眺め。雪が積もっていて綺麗でした。

この写真は朝広縁の窓を開けた時の写真です。温かい光が差し込んで気持ちよい朝を迎えることができました。

日が出るとはこんな感じの眺めになります。

お部屋の端から撮った写真です。和風の椅子と洋風の椅子両方あるのも嬉しいポイント!脇息(きょうそく=肘掛)が置いてあるのも特別感、そして非日常を演出していて好きです。

こちらが基本的なご案内内容です。

アメニティーは?

脱衣所に置いてあるタオル掛け。フェイスタオルをこちらで乾かしました。

ヘアドライヤー、泡タイプのハンドウォッシュ、歯ブラシ、フェイスタオル、コップが置いてあります。私たちのプランはバスタオルはありませんでした。

羽織、ハンガーがあります。私たちのプランは浴衣はありませんでした。

お部屋に置いてあるリンス&シャンプー、ボディーソープです。

歯ブラシのメーカーが異なるのは少し気になりますが、置いてあるだけありがたい。

冷蔵庫の中は空なので持参した飲み物を冷やしておくことができます。徒歩圏内にコンビニはありませんが、1階に自販機があります。車で5分のところにファミマはあります。

この日は生憎アルコール類の自動販売機は故障中でした。

羽織と帯はこんな感じ。

急須セットです。

朝食&夕食は?

今回オリオンツアーでの予約。宿泊施設の内容は以下の通りでした。

【利用施設】 旅館 叶家バストイレ付
【食事】夕朝食付
【部屋タイプ】2名1室×1 大人:2名

どんな食事がでるかまでは知らされていません。

格安プランで予約しているので食事は基本的にあまり期待していません。

 

むしろ、この価格でよく夕朝食を付けてくれたなと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

食事をメインとした旅ではなくあくまでもスノボメインでこちらに宿泊したプランとして参考にしてください。

 

※プランによっては食事内容変更できるのかも?

 

夕食

お食事処です。和室の宴会場になっていました。夕食は18時から20時でチェックインの際に時間を予約します。私たちは19時に予約しました。

こんな感じでお部屋ごとにテーブルが分かれています。

19時の10分前にお部屋に電話で食事の準備ができた旨知らせてくれます。席に着くと固形燃料に火をつけて鍋を温めてくれます。このお蕎麦が一番美味しかった。信州そばだったのかな?

お鍋には汁物が入っていました。味噌ベースの小鍋といった感じです。長野ですから味噌が美味しかったです。

急須には温かいお茶が入っていました。

後からメインのハンバーグとアジフライ(?)がきました。きのこのソースを使っているのも長野らしい!

朝食

純和風の朝食です。普段であればアメリカ人の旦那が食べられるものがみそ汁、卵焼きのみですが、今回は鯖の塩焼きが美味しいとお魚も食べサラダも食べていました。私は全て完食。日本人にとっては美味しい朝食です。これからスポーツをする前の朝食としてバランスがよく健康的なのも嬉しいです。

関連記事

大町温泉郷の宿

白馬エリアのスキー場

こんな人におすすめ

  • 白馬エリアでスノボ、スキーを楽しみたい方
  • カップル旅行
  • 家族旅行
  • 学生旅行や合宿
  • 露天風呂を楽しみたい方
  • 純和風の旅館を味わいたい方
  • チャーミングで笑顔とトークが素敵なスタッフの方がいる宿に宿泊したい方
  • アットホームで落ち着く宿をお探しの方
  • 雪景色が綺麗な宿をお探しの方
  • お部屋が広い宿をお探しの方

内装が素敵なのがファーストインプレッションでした。外観からは想像つかないほど広い宿で和を感じられる素敵なデザインです。

また、宿のおかみさんが心地よい会話をしてくださる方でとても印象に残っています。

祖父母の家に帰ってきたような安心感、そしてアットホーム感を与えてくれる方でした。

今まで大町温泉郷は何度も訪れているのになんで宿泊しなかったんだろう、と後悔。

白馬エリアはまた絶対に訪れるのでその際はこちらの宿にまたお世話になりたいと思いました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事