2020年の記事
リゾートスクエアサンヴェルデ(戸狩)の口コミ(ブログ)!アメニティは?

2020/1/25から1/26の1泊2日で戸狩温泉スキー場周辺にある「リゾートスクエアサンヴェルデ」さんに宿泊してきました。戸狩温泉スキー場を訪れるのは2回目なのですが、ペガサスゲレンデ側は初めてでした。リゾートスクエアサンヴェルデさんの基本的な情報、そしてレビューを紹介していきます。

スポンサーリンク

リゾートスクエアサンヴェルデの基本情報


戸狩温泉スキー場から徒歩約3分、「暁の湯」から約徒歩2分の立地にある宿です。エレベーターが付いている宿で乾燥室や更衣室を完備。

【住所】〒389-2411長野県飯山市大字豊田6455
【TEL】0269-65-2107
【アクセス】
上信越道豊田飯山ICより車で20分、JR飯山駅よりバスで15分

上の写真はリゾートスクエアサンヴェルデのロビーになります。

周辺情報

周辺には地元の方が経営している売店があります。そこではお土産やお酒を含む飲料、お菓子などの軽食を調達することができます。徒歩2分程度の距離にあります。
戸狩温泉である「暁の湯」も徒歩3分程度の場所に位置し、その中にも小さい売店が入っています。お酒を含む飲料、お菓子、お土産などを購入することができます。
スキー場までは坂を登って徒歩5分程度です。遠くはありませんが、上り坂なので少し体力が必要です。おしゃべりしながら歩けばあっという間ですけどね。

駐車場

駐車場有り 50台 無料

スポンサーリンク

リゾートスクエアサンヴェルデの部屋情報

私達は2名1室のお部屋に滞在しました。

ドアを開けると玄関になっており、靴を脱げるスペースになっています。玄関には洗面台もあり歯磨きや洗顔などはこちらせ済ませることができます

洗面台はこんな感じです。

お部屋です。和室10畳+2畳程度のフローリング。

洋服やタオルなどがかけられるポールがフローリングエリアにあります。

フローリングエリアの反対側にはクローゼットがあり、ハンガーが数本用意されています。

お布団はこんな感じです。

アメニティは?

今回のツアーに付いていたアメニティはフェイスタオルと歯ブラシセットでした。

【館内にあるもの】

お風呂

浴槽です。

シャワーはこんな感じ。

置いてあるリンスインシャンプーとボディーソープです。

脱衣所にはドライヤーが置いてあります。

入浴時間は15時30分から22時30分まで。ちなみに近くの外湯「暁の湯」は11時から20時45分まで空いており入浴料金は550円です。

更衣室


新幹線でもバスツアーでもスキー、スノボ目的に滞在される方向けに更衣室が用意されており、大きい荷物を無料で置いておくことができます。貴重品などを収納するロッカーが200円?か300円で利用可能でした(すみません。料金忘れてしまいました)。小さめなので財布や携帯等が入る程度です。
着替えは浴場の脱衣所でできます。
乾燥室もあり、とても温かく保たれていますので次の日にはきちんと乾燥しています
トイレは洋式(ウォシュレットなし)のもので、各階にあります。お部屋によってはバス・トイレ付きもあるようなのですが、私達はバス・トイレなしのお部屋だったので共有のトイレを使いました。
また、門限がありますので23時までには宿に戻るようにしましょう。

朝食・夕食は?

夕食の時間は17時45分で2階にある食堂で食べます。スキー場が終わってそのまま温泉またはお風呂に入ってちょうどいい時間帯ですね。

夕食はこんな感じで、ご飯とお茶・水がセルフになっています。

味付けは薄味で家庭の味といった感じです。名産の野沢菜もありました。個人的には卵スープが体にしみて一番美味しく感じました。大根の煮物もしみしみで苦味がなくお子さんでも食べやすい味付けになっています。
朝食は7時45分からです。

夕食と同じく、ご飯とお水・お茶がセルフになっています。

朝食は和洋式でシンプルな味付けでした。汁物はお味噌汁でこれがまた美味しかったです。昆布の佃煮も美味しかったです。

リゾートスクエアサンヴェルデの特徴

  • スキー場から近い
  • 外湯の「暁の湯」から近い
  • バス停も近い
  • 合宿などに向いている
  • コンビニ(売店)が近い
  • 格安とは思えないほどお部屋が広い
  • 乾燥室がしっかりきいているので次の日も安心

合宿などに向いているというのは、2階にある食堂の壁一面がスキー合宿などで訪れた学校の生徒たちが書いた色紙で埋め尽くされていたためです。子どもたちからの感謝の気持ちが綴られていました。学校などの行事にも柔軟に対応されている宿であることがわかります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事