2020年の記事
五倫荘(舞子スノーリゾート近隣宿)の口コミ!アメニティーや周辺情報!

2019/3/16~17の1泊で舞子スノーリゾート(スキー場)にスノーボードをしに行きました。その際に五倫荘さんに滞在させていただきましたのでその際に感じたレビュー、そしてアメニティーや周辺情報などの基本情報を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

五倫荘の基本情報

五倫荘は舞子スノーリゾートから徒歩0分とゲレンデ目の前の好立地宿です。新幹線で訪れる場合は越後湯沢駅から約20分で舞子高原ホテルに着く無料シャトルバスが利用可能です。舞子高原ホテルからは徒歩2分程度とアクセス良好です。車で訪れる場合でも、20台程度は駐車できる大駐車場を無料で利用することができます。シーズン中の舞子スノーリゾートの駐車場は満車に近い状態になるので、スキー場目の前の駐車場に停められるのはかなりありがたいです。

周辺情報

周辺は目の前に舞子スノーリゾートの【K】舞子ファミリーリフトがあります。こちらのコースにはスマイルキッズパークやそり専用エリアもありますので、お子様連れの方も楽しめるエリアとなっています。また、レンタルショップ、飲食店数店、舞子高原ホテルが徒歩2~3分圏内にありますので、スキー場で遊びたい方にはかなりの好立地です。チケットカウンターは、舞子高原ホテルまたは舞子高原ロッジにありますので、チケットの購入や引き換えも近くで行うことができます。
舞子スノーリゾート周辺には大手コンビニエンスストアはありません。地元の方が運営するお土産兼軽食程度のお店がいくつかある程度ですので、必需品などは越後湯沢駅で調達または持参することをお勧めします。越後湯沢駅近くにはセブンイレブンと駅内にNEW DAYSが入っています。

無料シャトルバス(越後湯沢駅から舞子スノーリゾート)

五倫荘に宿泊される場合、越後湯沢駅からの無料シャトルバスは『舞子高原ホテル行き』を利用します。舞子スノーリゾートには2つのシャトルバスがあり、もう1つは『日帰りスキーセンター行き』なので間違えないようにしましょう。舞子高原ホテル行きはレンタルかどや前にも停留しますので、終点まで乗って『舞子高原ホテル』で降ります。そこから徒歩2分程度で五倫荘に着きます。

無料シャトルバスの時刻表は舞子スノーリゾート公式ホームページで確認可能です。訪れる日によって運行時間が異なりますので、自分が訪れる日の時刻表をチェックしましょう。

スポンサーリンク

部屋情報

今回2名1室のお部屋に滞在しました。

和室のお部屋で約6畳はあるお部屋です。スノーボードケース2人分をストレスなく開くことができる比較的大きいお部屋です。ふとんが4枚用意されていましたので、4名も宿泊できるサイズのお部屋かと思います。
こちらのお部屋の特徴的な点は、玄関がついていること。館内は土足では入れませんので宿の玄関で靴は脱ぎますが、お部屋にも靴箱が寝室と別に用意されているのはありがたいと思いました。館内はスリッパが用意されています。
暖房器具はこたつとエアコンです。エアコンは小~大の3段階でコントロールできます。小をつけてとても温かい状態でした。寒いと感じることは一切ありませんでした。

アメニティー

参加するツアー会社によっては歯ブラシ、フェイスタオルがついてきます。
ホテルのお部屋にはハンガー、テレビが置いてありました。

これだけのハンガーが用意されていたら、困ることはありません。

トイレやお風呂

トイレは洋式です。トイレ前に洗面台が4つ共有エリアに設置されています。洗面台はお湯、水ともに利用可能で水圧も問題ありません。
お風呂はシャワー台が3つあり4~5人程度入れそうな浴槽が1つあります。脱衣所に洗面台2つ、ヘアードライヤーが1つ設置されています。お風呂が利用可能な時間は16時から22時30分までです。チェックアウト後の浴室の利用は有料になりますので、スタッフの方に聞いて利用するようにしましょう。

館内にあるもの

館内には、ロビー、食堂、乾燥室、更衣室、共有浴場、共有トイレがあります。
【喫煙】館内いたるところに灰皿がおいてありますので、喫煙場所に困ることはありません。愛煙家の方は肩身が狭くなることがなく、いつでも喫煙することができます。逆に煙草の匂いが気になる方は苦手かもしれません。
【乾燥室】五倫荘さんの乾燥室は玄関直結になっており、ブーツや外靴を履いたまま入ることができます。宿によってはブーツを脱いで乾燥室に行かなければいけないところもあるので、これはありがたいと思いました!スキー場から戻ってきてブーツを脱いでから乾燥室にいくという手間が省けます。とても使いやすかったです。
【荷物を預ける】
チェックイン前に荷物を預けることができます。一番下の階に更衣室が4つ、トイレが2つ、洗面台1つがあります。また、ロッカーは300~400円で利用可能です。貴重品も宿のロッカーに置いて行けます。大きい荷物はヒーターがある廊下、更衣室に置いている方が多くいました。

朝食・夕食は?

五倫荘さんのごはんは自家製のこしひかりを利用されています。
【夕食】

夕食に生のお魚が出てくる格安宿はなかなかないので、料理に使われている材料に驚きました。スキー場で生のお魚が食べられるのはとても嬉しいです。また、ボリューム感もたっぷりで、味付けは薄味です。共有のドレッシングやソース、しょうゆ類が用意されていますので、味が濃いめの方も自分で味を調整するこができます。塩分控えめな感じの味だったのでとても健康的だと感じました。
ドレッシングは和風とごまドレがありました。
【朝食】

朝食も和風の定食スタイル。納豆、海苔もついています。また、テーブルにらっきょう、梅干し、ガリが置いてあります。定食プラスの心配りが感じられます。お味噌汁はなめこ汁だったのですが、だしがとても効いていて美味しかったです。お水とお茶も無料で飲めます。

印象的だったこと

  • とにかく好立地!
  • 夕食にお刺身のカルパッチョがついていた!
  • 乾燥室が使いやすい
  • 愛煙家が肩見狭く感じない
  • 駐車場が広い
  • ご飯がバランスよく健康的
  • お部屋が格安宿の中でも広くとても快適

五倫荘さんの最も印象的だった点は、立地の良さと駐車場の広さです。ゲレンデ目の前でナイターのコースも近いので朝から夜まで時間を気にすることなくスキー場を楽しむことができます。また、乾燥室に関しても、ブーツのままボードを置けるのがとてもありがたいサービスだと感じました。薄味が好きな人、健康的な食事を好む人、バランスが良くボリュームがある食事がしたい人、そして喫煙者はとても快適に過ごせる宿だと思います。舞子スノーリゾートに訪れた際はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事