2020年の記事
軽井沢プリンスホテルスキー場11月下旬のゲレンデ情報!雪質?混雑?

スノボが大好きな人にとって11月からオープンするスキー場があれば、絶対足を運びたいものです。11月にオープンする『軽井沢プリンスホテルスキー場』に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。
今回は私の相方が11月に軽井沢プリンスホテルスキー場へ2度滑りに行きましたので、その情報を共有していきたいと思います。

スポンサーリンク

軽井沢プリンスホテルスキー場基本情報


軽井沢にあるスキー場で都心から約1時間。関東エリアでスノボを楽しみたい方にとってアクセス抜群の駅前ゲレンデです。他スキー場に比べてオープンするタイミングが早く、2018/2019シーズンでは11月3日(土・祝)にオーペンされています。

【アクセス】
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

TEL:0267-42-5588 FAX:0267-42-8771

【駐車場情報】1・2駐車場 1,000台
平日は無料!

※11/3(土・祝)~12/21(金)までの土・休日は、普通車1台¥500となります。
※12/22(土)~3/31(日)の土・休日(12/29~1/4含む)は普通車1台¥1,000となります。

料金(1台)
乗用車 ¥1,000
マイクロバス ¥1,500
大型バス ¥2,000
※11/3~12/21は乗用車¥500。

【ロッカー状況】大きいサイズ:600円、小さいサイズ:400円、荷物の預け入れ500円。どちらも1回預けた後は空けられません。大きいサイズのロッカーはスノボケースを折りたたんで入れられるくらいの大きさです。

訪れた日のゲレンデ情報

【訪れた日】2018/11/17(土), 2018/11/24(土)
【滑走可能コース】一部滑走可能:くりの木コース、プリンスゲレンデ(8:30~16:30)
【パーク状況】2.5mくらいの簡単なボックス、2mのレール、小さいジャンプ

【雪質】人工雪、半解けの雪(シャバ雪ほどではないが、かき氷のような雪)
【レストラン・屋台情報】レストランもオープンしている他、ケバブなどの屋台もあります。ビール(ボトル)も700~800円程度。

※右の写真のBBQのスタンドは利用できない状態。おそらくピーク時に使えるようになるのだと思います。

【参加方法】ツアーでの参加。旅行代理店経由でバスツアーより参加
【使ったボードの種類】Capita Slush Slasher
【来ていた服】

  • Holden fader bib pants(ビブパンツ)
  • Burton crown bonded sweater(防水セーター)
  • 普通のT-shirt(ヒートテックは着る必要なし)
スポンサーリンク

混雑状況は?


写真でもわかっていただけるかと思いますが、今回訪れたのが土曜日ということもありかなり混雑していました。
17日と24日で混雑状況が異なりますので、日別でリフトの待ち時間を紹介していきます。

時間帯 2018/11/17(土) 2018/11/24(土)
10時頃 約25分待ち 約40分+待ち
12時頃 約20分待ち 約30分待ち
2時頃 約15分待ち 約40分待ち
3時頃 約10分待ち 約30分待ち
3時半頃 約5分待ち 約20分待ち

17日と24日で待ち時間にかなりの差がでていますが理由として考えられるのは、他スキー場のキャンセルによる影響が考えられます。

17日にオープンしていたスキー場は少なく旅行代理店経由のバスツアーで参加される場合に都心からだとここのスキー場しか選択肢がなかったのですが、24日には他スキー場も予約することができました。

実際に私の相方も『竜王スキーパーク』を24日に予約していましたが、暖冬の影響によりあいにくツアーキャンセル。次の代替え案として『たんばらスキーパーク』へ変更するも、たんばらスキーパークも雪不足によりキャンセルに。その為、現在空いている『軽井沢プリンスホテルスキー場』へ案内されました。

つまり、他スキー場に行くはずであった参加者の中でキャンセル=全額返金を選択せず代替え案としてプリンスホテルを選択された方がすべて流れ込んでくる形になってしまったのですね。

その為、2018/2019年11月下旬の軽井沢プリンスホテルスキー場の混雑状況は東京ディズニーランド状態。リフトに並ぶ時間が30~40分かかりました。

軽井沢スキーパークへ11月に行くか迷っている方は、下旬よりも上旬の方が実は混んでいない可能性がありそうです。そのシーズンの天候に左右されるかと思いますが、他スキー場のオープン状況を確認して行くか決められることをお勧めします。

軽井沢プリンスホテルスキー場はどんな人におすすめ?

今回は11月の『軽井沢プリンスホテルスキー場』の状況から判断させていただいております。
11月の混み具合や滑走可能なコース、パーク状況などを総合的に判断すると、

  • 上級者
  • パークを楽しみたい方
  • スキーヤーよりスノーボーダー
  • 待ち時間に忍耐強い方

というのも、今回スキー場を11月に訪れて約65%がスノーボーダー、35%がスキーヤーでした。また、ほぼ半数以上がパークなどを楽しむ上級者なので、初級者が11月に訪れると事故やけがの原因となりやすいかと思います。

あくまで私たちの見解ですが、コースが限られている以上、止まるスペースも少なく初心者が安全に滑れるような環境ではないと思います。初級者の方で軽井沢プリンスホテルスキー場へ訪れたい方は全コースが滑走可能になってからがいいかもしれません。

感想

2コースしか滑走できませんがスノボが大好きな人、パークを楽しみたい人は十分楽しめるスキー場です。また11月の時期にスキー場を空けること自体大変なことにもかかわらず、パークのアイテムを3種類も用意してくれています。スノーボーダーを楽しませようとするスタッフの気持ちが伝わります。11月で滑走コースが少なくても行きたくなる理由、混雑する理由がサービスの良さを物語っていると感じました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事