2020年の記事
斑尾高原スキー場の口コミ(レビュー)!1月下旬の積雪量や混雑状況!

2019年1月26~27日(1泊2日)で斑尾高原スキー場へスノボ旅行してきました。今回私たちが滞在した時の積雪量やゲレンデ状況、混雑状況などをわかりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

斑尾高原スキー場の基本情報

長野県飯山市に位置するスキー場で新幹線、車でのアクセスができるスキー場です。とにかく非圧雪のコース、ツリーランのコースが多くパウダースノー、ファーストトラックを楽しみたい方は思う存分満足できるスキー場です。

標高1,000mに広がるリゾート地、斑尾高原。冬は100%天然雪のスキーリゾート。豊富な積雪量で非圧雪パウダースノーを楽しめる他、林の中を滑られるツリーランコースは日本一のコース数を誇ります。豊かな自然と数多くのアクティビティを用意しております。

【住所】〒389-2257 長野県飯山市 大字飯山11492-321斑尾高原

周辺にはお洒落なレストラン、バーも点在しており観光目的で滞在しても楽しめる場所です。高原は、斑尾高原スキーエリアとタングラム斑尾エリアの2つのリゾートから構成されており、1人追加500円で両方のリゾートを楽しむことができます。
【ロッカー状況】
金庫程度につかう小さいロッカーは300円、大きめのロッカーは400円です。
レストラン白樺、白樺前チケット売り場にあるのと、レストランハイジ内チケット売り場のところにもロッカーが完備されています。
更衣室もあり、暖房がついているので温かいお部屋が用意されていました。

更衣室はこんな感じでした。☟☟

【滑走可能コース】ほぼ全面滑走可能でしたが、スノーパーク(レールやボックスなどが楽しめる)は積雪量が多いために設置されていませんでした。
【パーク状況】地形を楽しむパーク+ジャンプは設置されていましたが、レールやボックスなどは用意されていませんでした。

【雪質や積雪量】1/26,27共に雪。ホワイトアウトする時間帯もありました。風も強く吹雪状態が数時間続いて、いきなり晴れという天候。積雪量は300㎝、降雪は+20㎝と最高のパウダースノー状態。ツリーランエリアや非圧雪エリアで滑った人達は『すっごく気持ちい!』や『最高の雪!』や『最高に楽しい』といった声が飛び交っていました。雪に恵まれた2日間でした!
【レストラン・屋台情報】スキー場内のレストランは食堂のような場所やレストランになっているところがあり、日別で主食を頼むと無料でお酒やデザートがついてくるサービスなどがありました。相場は1000円から2000円程度。がっつり食べたい方は1500円~と考えといた方がよいでしょう。
格安に食べたいという方はスキー場から出ることになりますが、ホテルマダムミレーでは格安ランチを提供されており、クーポンを持っている人(旅行代理店から配られる)、滞在されている人は500円、通常価格は600円で日替わりランチが食べられれます。私が食べた時はチキンカツ丼でした。こんな感じです☟☟

このホテルマダムミレーのレストランからの景色は絶景でした!

【参加方法】トラベルマルシェのバスツアー(夜発+ホテル)

スポンサーリンク

混雑状況

外国人客が多く驚きました。6割は外国人だったかと思います。オーストラリアやヨーロッパ、そしてタイやマレーシア人で賑わっていました。特に早朝は日本人を見かける方が少ないほど。外国からはるばる斑尾のパウダースノーを狙いに来たようです。
実際に働いている人もヨーロッパ?ロシア系の人もいましたので斑尾が気に入って長期滞在されている方もいるようです。

混雑状況は朝一はリフトが混み合います。特にスーパークワッドリフトはファーストトラックを楽しみにするスキーヤー、スノーボーダーであふれかえります。8:30に営業開始なので混み合いますが待ち時間は約3分~5分程度でした。1人乗り専用ラインもあるので、気にならない方は1人乗りラインに入ればほとんど待ち時間なくリフトに乗れます。

最も長蛇の列となっていたのが第13リフトです。このリフトの営業開始時間は9:15~なのですが9:00頃から並び始めます。山頂にいける唯一のリフトであり、パウダースノーを楽しめる非圧雪コースもたくさんある為、ファーストトラックを狙って朝は混雑します。私たちも9:00頃から並び始めて営業開始頃には50人程度並んでいる状態でした。私たちの前に20人程度いましたが、このリフトからコースが4つに分離しているため、まだまだ誰も踏み入れていない雪がたくさんある状態でした!

他にも第15リフトも混み合います。26日はそこまで混んでいなかったのですが、夜に雪がたくさん降ったこともあり、ツリーラン(23番のパウダーウェーブ)(29番のNINJA)(30番のSAWA)を目的としたスノーボーダー、スキーヤーがこのリフトに並びます。ここのツリーランは中級者でも滑れる比較的簡単なツリーランでたくさんの人が『気持ちい!』と叫びながら滑っていました!

2020年の1月下旬の積雪量や混雑状況は下記記事で紹介しています。暖冬といわれる年なので2019年とは全く印象が異なりました!

斑尾高原スキー場はどんな人におすすめ?

斑尾高原スキー場を経験してそのパウダースノーの気持ちよさ、ツリーランコースの多さがとても印象に残っています。パーク自体も地形を楽しめるパークで初心者や中級者でも転ぶことを恐れることなく挑戦できるレベルで設計されていました。またパウダースノーなので転んでも全く痛くありませんでした。

  • 初心者~上級者まで楽しめる
  • パウダースノーを楽しみたい方
  • 地形を生かしたトリックを楽しみたい方
  • ツリーランを初めて試す方
  • ツリーランを中級~上級レベルで楽しみたい方
  • ジャンプを練習したい方
  • ファーストトラックを狙いたい方

基本的にスキーヤーでもスノーボーダーでも楽しめるスキー場です。レールなどのパークがなくてもツリーランエリアや地形を楽しめるオプションの数が多いので1日じゃ物足りない!と感じるほど満喫できると感じました。

感想

私は初めてジャンプ、ツリーランに今回挑戦しました。理由はパウダースノー(+20㎝)だったため、転んでも痛くないと感じたため恐怖心なく挑戦できました。特にジャンプは最高でした!ツリーランは個人的には+10㎝程度の時に試した方が良いと感じました。というのも一度転んでしまうと立ち上がるのがものすごく大変だからです。立ち上がろうとすると手も足も埋もれてしまうので降雪が多い日は初めてのツリーランはお勧めしません。それでも10㎝程度の時は楽しく滑ることができました!また戻ってきたいスキー場です。再度ツリーランやパークでスキルを磨きたいと思いました!

斑尾高原スキー場近隣ホテル『レインストンホテル』での滞在記録はこちらで紹介しています☟☟

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事