2020年の記事
潮の香の湯宿浜紫の口コミ(ブログ)!お部屋はアメニティーはどんな感じ?

2020/11/14~15の1泊2日で千葉県長生郡白子町にある白子温泉の宿『潮の香の湯宿浜紫』に滞在してきました。昭和30年代後半より先代が始めたという由緒ある旅館で現在訳アリでお値段がリーズナブルになっていたんですよね。また、GoToTravelキャンペーンも適用できるということだったので早速利用させていただきました。

ホテル予約サイトに掲載されている写真を見て予約をしたのですが、実際に行ってみたら予約時に持ったイメージとは異なりましたのでその点なども踏まえて紹介していけたらと思います。

目次

スポンサーリンク

潮の香の湯宿浜紫のお部屋はどんな感じ?

私たちが宿泊したのは瑞雲館(ずいうんかん)新館の4階の411号室でした。[ 禁煙 ] 和室10畳 バス・トイレ付客室のお部屋です。
予約サイトで載っていた写真は写真のアングル上ちょっと狭いイメージがあったんですよね。しかし、実際に足を運んでみるとその広さに驚きました

10畳というのは布団を広げる寝室メインのお部屋の広さで広縁や玄関部分を含むお部屋の広さを表しているものでありません。そのため、玄関から入って寝室、広縁まで歩いてみるととても広く感じられます。

ちなみに今回の訳ありの商品を予約したのですが、その訳ありというのが新館の外壁塗装工事と露天風呂の工事で露天風呂が入れない点とお部屋の窓からの景色は楽しめないというものでした。それでも、内湯は入れましたしお部屋自体がとても素敵だったので途中から工事のことはすっかり忘れてしまうほどでした。

私たちが訪れた日は騒音はなく、ペンキの匂いが少し気になる程度でした。

玄関ドアを開けて見える風景。左のドアが洗面台とお風呂、右のドアがトイレになっていて、洗面台ドア奥には冷蔵庫があります。

メインの寝室。和室10畳のお部屋です。このお部屋の襖と4つ連なった月形の天井ライトが好きでした。はじめからお布団は敷いてあるスタイル。

広縁のふすまを開けるとこんな感じでより広く感じられます。広縁は約3畳半近くあるんじゃないかな? このご時世嬉しい空気清浄機も置いてあります。

玄関の左横には靴箱があってその中にスリッパが入っていますので館内はスリッパ移動可能です。

そしてありがたいのがこれ!スリッパに何号室か書かれた札が用意されており、スリッパにクリップで挟むことができるようになっています。大浴場で他のお客様のスリッパとの取り違えを防いでくれます。自分のものも誤って持っていかれる心配もなくなりますね。潔癖寄りの方には特に嬉しいサービス。

洗面台です。手洗い場が2か所あるのは嬉しいです。大きいタオル掛けも用意されています。フェイスタオルは大浴場外に使用済みカゴがあるのでそこに置いていけますし、新しいものも大浴場外に置いてありますが、バスタオルはお部屋に持ち帰って乾かすことになります。

こんな感じでとても広々とした作りになっています。

室内のお風呂はこんな感じ。女性には月経の日があるのでやはりお風呂がついたお部屋の方が安心できます。

冷蔵庫内は空なので自分の買ってきたものを入れられます。飲料は1階にお酒含む自販機があり、徒歩5分内にセブンイレブンがあるので飲み物で困ることはありません。

お茶セット。お饅頭と緑茶が置いてあり保温ポットもあります。エレベーター横に冷水と温水のウォーターサーバーがあるのでそこから水は汲んでくるスタイルです。

これがそのウォーターサーバーです。横にはアルコール消毒液が置いてあります。

室内のトイレはこんな感じ。ユニットバスではなく個室トイレです。また各階のエレベーター横にもトイレはありますので恥ずかしい時などはそちらも利用できます。

個人的には壁が切り抜かれてテレビが入っている感じとそのデザインが好きです。

広縁はこんな感じで椅子とテーブルが用意されています。広縁にハンガーがかかるクローゼットとお座敷タイプの折り畳み式テーブルと座布団も置いてあります。

反対側からのアングルで見るとこんな感じ。こちら側の広縁には開き扉の鏡があります。布団が敷いてあっても広々とした空間になっています。

潮の香の湯宿浜紫のアメニティーは?

浴衣が選べます。1階ロビーにあります。嬉しいのは黒いメッシュのバッグがあるところ!チェックインの時って荷物が多い時もあるので手がふさがって浴衣を持つ手がないなんてこともあるのでバッグがあるのは素敵ポイント!大浴場に持っていく用としても使えます!

大浴場には置いてありますが、お部屋のお風呂にはないので、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、そして化粧水とメイク落としがパックに入って置いてあります。メイク落としを私はよく忘れてくるのでこれがあるのはありがたい~!

私たちが選んだ浴衣はこちら!

これらがロビーに置いてあるアメニティー類!

お部屋には羽織と、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシセットが置いてあります。

お部屋にあるハンドソープは資生堂の薬用!泡タイプのものでした。

大浴場に置いてあるアメニティー類は下記施設概要の記事で紹介しています。↓↓

その他にもトイレには壁の防臭までもしてくれるファブリーズの次世代消臭剤が使われていたり、些細な部分ですが女性ならではの目線でホスピタリティをしようとしていることが見受けられました。
スリッパに付けられる札もそうですが、「あ、これ嬉しい!」と思うポイントが結構ありましたね。それらは恐らく宿で働いている方のアイディアから生まれているであろうものばかり。

建築的価値のあるものや既に旅館として存在するサービスは不変的でリフォームでもしない限り変えることはできませんが、付加価値として自分たちができることをプラスで行っていこうという姿勢がみられる宿はとても好きです。数あるホテル・旅館業界でも人の心がこもったサービスを受けるのがとても温かく一番気持ちいいものです。

潮の香の湯宿浜紫の施設内情報は下記で紹介

白子温泉周辺情報【他記事】

まとめ&感想

いかがでしたか。些細な心配りが感じられるサービスが館内に点在しており、スタッフの方もとても感じの良い対応をしてくださいました。すぐに顔を覚えてくれ優しく丁寧に対応してくださいます。
ひとりひとりのお客様を大切にする姿勢や挨拶がとても丁寧で終始とても心地よかったです。

今回は食事は付けずに素泊まりのプランを予約したのですが、浜紫の一番好きだったところはこのお部屋でした。広々としていてとてもくつろげるお部屋です。

今回は窓からの風景は楽しめませんでしたが、工事終了後また訪れる機会があればとても大きい窓だったので窓からの景色も楽しんでみたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事