潮の香の湯宿浜紫の『瑞雲館の和室12.5畳+小上がり』に宿泊してきた!
1階ロビーに

2021/7/3の1泊2日で『潮の香の湯宿浜紫』さんに宿泊してきました。今回でこちらの宿を利用するのは2回目です。白子温泉の虜になっている私たちにとってこちらに戻ってくるのはとても容易なことで、以前泊まった部屋とは異なる部屋を試してみようと今回は同じ棟の瑞雲館にある『和室12.5畳+小上がり』のお部屋に滞在してみることにしました。

このブログでは潮の香の湯宿浜紫の『瑞雲館の和室12.5畳+小上がり』はどのような部屋であったかなどレビューしていきたいと思います。

目次

スポンサーリンク

潮の香の湯宿浜紫の『瑞雲館の和室12.5畳+小上がり』のお部屋はどんな感じ?

5階のお部屋でした。エレベーターを降りてお部屋までの通路です。

お部屋は516号室でオーシャンビューではなく田園ビュー側でした。

お部屋の入り口ドアを開けてすぐに見える景色。靴を脱ぐスペースが広いです。目の前のドアは洗面台+浴室があります。

ドアの裏側には花瓶が飾れそうな空間があります。私たちはここに部屋の鍵を置いていました。お部屋がなかなか広いのでなくさないために鍵スポットを作っておくと良いです。

靴箱にはスリッパが入っており、その横に大浴場でスリッパにつけられるクリップ(お部屋番号がついた)が吊るしてあります。誤って他人のスリッパを使用してしまうのを防いでくれます。

脱衣所。洗面台が2つあるのが嬉しい!前回来た時はタオル掛けがシルバーだったのですが、黒色のものに変わっていました!この色の組み合わせで一気に和モダンな雰囲気に!マットブラックと木目の組み合わせが好きな私には嬉しい色味!

洗面エリアがとても広い!ゴミ箱が置いていなかったのが少し残念でした。和室にはゴミ箱あります。

お部屋に付いている浴室です。大浴場もありますが、女性は月経がありますし、小さいお子さんがいる家庭では部屋でお風呂を済ませられるのは嬉しいですね。

洗面エリア横にはミニバーがあります。冷蔵庫や保温ポットが置いてあります。

おまんじゅうと緑茶がおいてあります。お水やお湯はエレベーターのウォーターサーバーを使用します。移動しなければいけない手間はあるものの、水が飲み放題なのは嬉しいサービスです。

緑茶、紅茶ティーバック、インスタントコーヒーはロビーにあるのでチェックインして浴衣を選ぶ際に一緒に持ってきてしまうと楽です。

お茶をいれる陶器がとても美しかったです。取り出して写真を撮るのを忘れてしまいました(´;ω;`)ウッ…が。(´;ω;`)ウッ…

冷蔵庫内は空なので自分の好きなものを冷やしておけます。コンビニは徒歩5分の距離にセブンイレブンがあるので便利です。

トイレです。洗面エリアの真向かいにあります。

和室12.5畳のお部屋です。思っていたよりも広く小上がりのベッドが素敵!

襖の位置を変えるだけで部屋の雰囲気は一気に変わります。

窓にも襖があります。閉めると暗くなるので昼寝もできます。

窓の襖を開けると目の前が田園風景に。夜には星空も覗けます。広い窓なので開放感が凄い!

窓から見える景色。テニスコートも見えるのが白子町らしい。w田んぼにたまに訪れる野鳥を観察しました。可愛かったです。

子上がりになっているので窓から入り込む日の光が気持ちいい。星空を眺めながら寝たかったのですが生憎の雨で星は見えませんでした。

晴れ間が出ると田んぼの緑が美しい。いい季節に来たようです。(6月)

夕方には照明をつけて雰囲気を出してみました。笑 いつみてもここからの景色はたまらない!

敷布団が薄かったので押し入れにあったマットレスを1枚追加しました。

マットレス2枚にすると厚みが出てふわふわに!

窓側のお部屋の隅から撮った写真です。とても広く子上がりになっている所は襖で半分まで閉めることができるようになっているので、寝室として分けることができます。お子さんを寝かしつけて襖を閉め、和室で夫婦水入らず晩酌をしてもいいですね。

和室。座布団だけでなく、洋風の椅子も置いてあります。旦那がこの椅子に座りながら田園風景を眺めるのにハマっていました。

子上がりの横には半身鏡があります。扉がついているのも嬉しい。

関連記事

瑞雲館(ずいうんかん)新館の4階の411号室『和室10畳 バス・トイレ付客室』に宿泊した際のレビューは下記で紹介しています。↓

施設や温泉は下記記事で詳しく紹介しています↓↓

近くのサーフスポット・海水浴場↓↓

アメニティーは?

1階ロビーにコーヒー、紅茶、緑茶などのティーバックが置いてあります。お部屋には緑茶のみしか置いていないのでコーヒーが飲みたい方はこちらから持っていくスタイルになっていました。実際に飲む分だけ持っていくのは環境に優しくていいですね。

浴衣もロビーにあります。持ち歩きできるバックもこちらに置いてあります。

お部屋の浴室にはアメニティがないので、こちらでボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、メイク落とし、洗顔料を持っていくことができるようになっています。大浴場には揃っています。

資生堂の薬用ハンドソープ(泡ポンプタイプ)がお部屋の洗面台に置いてあります。

お部屋に持ってきた浴衣セット。

アメニティーは全てオーガニック製品でした。

お部屋にあるヘアドライヤーは洗面台横に壁掛けタイプのものがあります。※大浴場には通常のヘアドライヤーが2台置いてありました(婦人風呂)。

バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシセットがあります。歯ブラシセットは若干色が違うものが2セット置いてあるので自分の色を決めて使用することで旦那が使ったものを誤って使うことを防いでくれました。

大浴場にはお部屋とは異なったアメニティーが用意されています。それらは詳しく上記にある関連記事『潮の香の湯宿浜紫の施設概要!温泉や駐車場は?旧館と新館で違うの?』にて紹介しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事